【あなたが知ると、ガラリと食生活が変わってしまう】健康を天皇陛下の食から知る


食べたものだけで人は作られる

こんにちわ、
健康SMITHのヒラワンです。

最近はイロイロやりすぎて、
久々の更新なんですが、、、

 

先日ちょっとすごい人に、会ってきました。

それが、この方。

菱江 隆(ひしえ たかし)さん

 

何がスゴイかというと、

彼は『フードマスター』という、資格を持っておられ、

世界を知り、「食」という面から切り口出、

食の大切さや、日本の食の状況、
子育て、環境、国の未来までを思っておられる方です。

だからこそ、恐縮ながらめちゃくちゃ共感というか、
同じ心意気を持った人ってことで、すごくアツく語ってきました。

 

フードマスターって何?

そもそも「フードマスター」ってナニ?

って人も多いので、ちょっと説明を。

一般的に知られているのは「フードマスター」でなく、
「フードマイスター」という資格です。

フードマイスターは、
メジャーリーガーで、ヤンキースの田中将大投手の嫁、
里田まいさんが持っている資格で、田中投手が活躍した時にニュースなどで、一般的に認知されることになった資格です。

でも、「フードマスター」は全くの別ものであり、
失礼な言い方ですが、格が違います。

フードマスターは、アメリカの国務省が認定する肩書であり、
大使館や世界的に権力者などから紹介や推薦がないと、試験を受けることすら出来ない。

とてつもなく難関であり、まず普通の料理人でさえ手の届かないものです。

そのため、フードマスターは現在世界でも100人前後で、日本人ではたったの3人。
日本在住は、菱江さん1人という食のスペシャリストです。

 

経歴

経歴を聞けばその凄さがわかると思いますが、

今まで、
-----------------------------
⚫オーストラリアやフィリピンの日本大使館・領事館の総料理長。
⚫世界最高レベルのスリーダイヤモンドやミシュラン3星ホテルでの総料理長を含めた料理人の指導・育成。
⚫オリンピックの選手村の食事など様々な料理長
⚫皇室料理人
⚫ヒルトン・シェラトングループなど世界5つ星ホテルの総料理長
-----------------------------

などなど、聞けば「おぉ。。。。」となる経歴です。

料理の腕前は超一流なのは当たり前なんですが、
人望も超一流でした。

それがどれほどのものかという、

和の鉄人料理人である「道場六三郎」さんが、
自分の引退を相談しに、わざわざシンガポールまで相談しに行く程です。

そして、その時を決めた”張本人”でさえあります。

しかも、そんな大切な事を言った事自体を、酔っ払っていて覚えていないらしく、
テレビで道場さんの引退会見を見た時にビックリして電話をかけ、

「なんで引退するの?え、オレそんな事言ったっけ?」とか、
言っちゃうようなお茶目な人でもあります。

めちゃくちゃスゴイ人なのに、
愛想もよくって気さくで本当にステキな人でした。

さらに余談ですが、
洋の鉄人でもある人は、勝負しろとわざわざ言いに来て、
ご飯を食べさせたら何も言わず青ざめて帰っていかれたとか、、、、

つまり、テレビに出るような料理人でさえ、
圧倒的に格が違うわけです。

嘘偽りない、ホンモノの情報発信者

そして菱江さんのスゴイところは、
料理の腕前でなく、知識量や本気度が世界でもトップレベルなわけです。

わたしも食の世界に10年以上いますが、
実際、正しい情報というものに触れれる機会は多くありません。

テレビや出版、メディアに出てる人も、
結局ちゃんとして事を最後まで言っている人は少ないんです。

 

その理由は、世の中すべて「産業」の世の中だからです。

書店に並んでいる本や、〇〇研究所や、〇〇大学の実験データでえさえ、
研究者や研究所も融資をもらって活動をしているので、

出金源からの言葉があれば、
データの改ざんなんて日常茶飯事です。

まぁ、ここまで調べたり、そう思う人も少ないでしょうが、
残念ながらそういう、表に出ない事実は沢山あって、

専門家や有資格者が勉強している、教科書や先生でさえ、
鵜呑みに出来ない時代というわけですね。

だからこそ、専門家や〇〇博士と言われる人も、
重要なことをテレビで話す、当たり前にカットされ編集うされて、
違う意味あいにされるとよく嘆くわけです。

世界中の5つ星や、天皇陛下のご飯を作られるような方の話っていうのは、
嘘偽りのない、非常に大切な情報となるんです。

まさか、一国をまとめておられるような人の食事を、
ニセモノや中途半端な人が務めれるワケないからですからね。

この辺も含めて、話が出来る人は少ないので、
わたしとしても、非常にテンションがあがりました。

 この国の食はヤバイから、オレが変えてやる

そして何より、1番共感したのがここです!!

『日本の食事がヤバイ』
『子供の未来がヤバイ』
『オレが国を変えて行く手伝いをしたい』

とおっしゃられてたことです。

菱江さんは、未だに世界中からお誘いがバンバンくる人で、
ギャランティーで言えば月収〇〇〇〇万を軽く超える人です。

でも、お金じゃなく、

【自分にはヤルべき事がある】

残りの生涯は、
それにかけるとおっしゃられてました。

 

こんな時代だからこそ、簡単で健康になれる食事を

菱江さんの【ヤルべき事】
とは、日本のみんなを「食」という面から救うことでした。

それを大きな面で言えば、
国を守るということです。

きっと、国の象徴でもある天皇陛下の間近にいて、
強くそう思われたのでしょう。

わたしが菱江さんを大好きな理由は他にもあって、
ホンモノの料理人や、沢山の人から支持されるのには行動力があります。

一言で言えば、
”口ではなく背中を見せる人”
なんです。

世の中の食の専門家や、
発信をしている人などは、

「添加物はよくない」
「ちゃんと食は勉強すべきだ」

とか言うだけの人が多いですが、

じゃあ実際どうすれば解決するんだよ?
と言いたくなりますよね。

ちゃんとした情報発信者とはいうのは、ただ言うだけでなく、
明確な方法を提示しなければなりません。

そこで、菱江さんは
今菱江さんは「キングフーズ」という、
無添加加工食品のブランド・兼・工場を経営されています。

それはお金のタメじゃなく、
日本の多くの人が、

・経済的に
・環境的に
・知識量などの問題から

いい食材を買ったり、手に入れるのが難しい人がいるから。
だからと言って、
コンビニや添加物まみれのものを食べてほしくない。

「食べ物を適当に選ぶことによって、人は人生を壊してしまうからね」

と言っておられました。

現代の日本の食事は、

”安い・うまい・早い”
が重要視されてしまい、

・体にとって負担をかけすぎる。
・いらないものが多く入りすぎている
・食べ続ければ、当たり前に病気になる。

その事を知らない人が多いし、
それでは自分の自生を、楽しんで生きることが出来ない。

ちゃんとしたものを食べてほしいと思っているからこそ、
自分で、工場やブランドを作ったと言われていました。

マジでカッコイ!!

素直にそう思いました(笑)

父をガンで亡くしたからこそ、
ツライ思いをする本人や、家族などを一人でも減らしたいという、
わたしの思いと一緒でした。

ここまでヤル理由

菱江さんがこうした大きな、行動をとったのには、
1つの出来事がきっかけと言っていました。

日本で食の講演をするために、各地をまわっている時のことです。

子供たちに無添加ご飯を食べさせたら、

「コンビニ弁当のほうがおいしい」
と声が返ってきたのです。

普通だったら、好き好みだねーって終わりそうですが、

実際には、これが相当まずいことで、

・味覚がおかしくなっている
・正常な味を判断できなくなっている

そういうことに危機感を覚えて、
オレが変えなきゃと思いたったそうです。

もともと味覚というものは、

”食べて良いものか、大丈夫なものか”

を判断すっるための能力です。
それが、おかしくなるということは、もちろん体が崩れて当然なんですよね。

菱江さんも、わたしもですが、
コンビニおにぎりや弁当を食べると、薬臭くて食べれないんです。

本来ならそれが正常ですが、その正常な味覚を持った人は、
ほぼいないのは、いいことじゃないんですよね。

正常な味覚が人生を作る

『体は食べ物からしか作られない』

という言葉があるとおり、
そのものを選ぶ能力というのは大切です。

・2人に1人がガンになる。
・アトピーの人。
・心臓病、ガン、脳疾患などの3大疾病

そのような、添加物や食がおかしくなる前までは、
あまりいなかった病人が爆発的に増えている。

ガンの遺伝は「食の遺伝」とまで言われています。

大人はまだいいけど、将来がある子供は守らなければならない。
それが、大人の役目ということです。

さにら、菱江さんの思いでもう一つ共感するところがあって、

『思い』というものを、
非常に大切にされていて、

人は思いというのが1番大切だと言うことでした。

 

それを象徴したエピソードがあって、

「勝てない料理人いますか?」

と聞いたらたった1人だけいると言われて、
それはお母さんとだと言っていました。

「無償の愛が1番おいしいご飯を作る。
お母さんのおにぎりには勝てない」

と言っていました。

本当にコレはそーだなぁーって思うし、
学んでたところでもあるし、

「おいしくなーれー」て思いを込めて作ったご飯って、
本当に美味しいし、

信じられないけど、栄養素も増えちゃいます。

 

今のお母さんたちは、

・時間や
・お金や
・心の余裕がなくて

ちゃんとした食事を与えたくても、
与えることができる人はあまりいません

だからと言って、仕方ないですませていては、
子供はそのまま被害者になってしまいます。

健康も、思考も、学力も、未来も、
可能性が削られ来るとしたらそれはあまり良い事とはいえないでしょう。

食べれる場所とモノを広めていく

日本には世界と比べて、圧倒的に元気になれる食べ物がない。

だからこそ菱江さんは、無添加の食事を出すお店ならば、
無償で内装設計や、メニューを提供してくれると言う、

本来ならば、うん千万円かかるような事も、
無償で意欲的に請け負っておられました。

添加物を使うお店や、有名企業などからのは、
いくらお金をつまれても仕事をしないと言っているこだわりようです。

「ホンモノの食事をする場所ができれば、勝手に人々が元気になっていく。
だからこそ俺はそういう人たちは全力で応援したい」

こんだけ素敵な人がいるなんて、本当にうれしいし、
わたしも本気で突き進もうと改めて思わされました。

世の中には、健康になるための知識が明らかに欠如していて、食事の大切さをわかっていない人も多いからこそ、
こういう人たちがどんどん増えていけばいいなと思ったし、もっともっと活躍して欲しいなと思いました

 

情報を広めるために

そしてこの時、
一緒に行っていた、ネットの発信を得意とする赤原さんも、

菱江さんを素敵だなと思ったらしく、
広めて行きたいと、紹介文を書いたりしてくれています。

 

めちゃくちゃ良い話も、講演だけじゃその場に来た人しか知れません。
だからこそ、ネットを使うことによって、沢山の人がすること出来ます。

 

赤腹さんもめちゃくちゃいい人で、熱い魂もった人なので、
是非、生き方の参考にしてみてください。

彼は食事の面だけでなく、
お金や、考え方、生き方の提案をしてくれてる心強い仲間です。

赤原情報はここから▶

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

わたしがが生きる上で必須としているものは、

⚫体の健康
⚫心の健康
⚫経済目の健康
⚫時間の健康
⚫環境の健康

などありますが、
どれも自分で作るための方法を知り、
行動していくしかありません。

健康と一緒で、国や病院にまかせていたらダメだという事です。

国や政治家の文句を言っても仕方ないですからね。
自分の人生の手綱は、自分で握ることが必要だと思っています。

というわけでこれからも、菱江さんを応援していきたいと思いますし、
もっと良い情報が提供できると思いますので楽しみにしといてください。

 

本当に「食」は大切です。

 

ですが、わたしはそれだけではダメだと思っています。

元気に楽しく過ごすためには、様々な事を学び、

ちゃんと実行していかなければなりません。

 

正しい人に、正しく習い、
結果を出してる人を、素直にまねる。

自分が守ること、元気でいることが、
家族や友達のためになります。

短期的じゃなく、
未来を見据えて、日々学び、自分を高めて生きましょう。

 

P.S 本当においしいご飯ありがとうございました♥

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です