親に10年以上騙されていた私が、殺人犯になろうとしたその瞬間


こんにちは~ひらわんだよ\(^o^)/

 

今回はちょっと子供の頃に衝撃を受けて、、、

お母さんを本気で恨んだって話。。。。

 

マジあれほど親を恨んでぶっ◯ろそうと思った日はない。

 

 

 

背筋も凍るような・・・そんなお話・・・・Death💀

 

 

 

今日のお話は

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━

『本物を知っている人は”ほぼ”いない』

━━━━━━━━━━━━━━━━━

て話です。

 

解りやすく言えば、

━━━━━━━━━━━━━━━━━

『本当に楽しく生きる方法をみんな知らない』

━━━━━━━━━━━━━━━━━

てことです。

 

 

今の悩みを抱えている人たちって、

「本物」を知っている人はほとんどいません。

 

 

そもそも、ひらわんが言う「本物」ってなに?

って感じだけど。

 

それは、みんな日常が満たされないとか、

つまらないとか言っているけど、、、

 

まさにその通りで、その原因が「本物』を知らないから。

 

『偽物』を掴んだまま生きてるから、

全然満たされない生き方にしからないのよね?

 

 

でも、そっちの道を選んでるのは、

あなた自身なんだよ~てことよ(==)?知ってる?

 

つまり多くの悩みを持つ人は、

「濃度」がめちゃくちゃ低い生き方を選んでると言う訳。

 

満たされた生き方をしたいんだったら、

その分内容が濃い生き方をしなきゃならないのね?

 

 

 

 

て言われても、、、濃度ってなに?
て思う人も多いからここをわかりやすく説明していきますね^ー^

 

 

ここでわかりやすい説明として

みんな大好き!

神のカルピス!

を例に挙げます。

 

 

ヒラワンはカルピスが大好きです!!

 

小学校の頃に初めてお母さんが

カルピスをだしてくれた時

 

 

「ぬぁ!?なんだこれ!うまい!これ何???」

「おいしいでしょーカルピス」っていうのよ^^

 

うますぎた!!!神だ!!!

 

当時クソデブで甘いもの中毒だったわたしにとて、

神の飲み物と言っていいくらい衝撃だった。

 

小学生の時に帰り道で拾ったエロ本を見たくらい、

世の中の天国をみたし興奮を覚えた。

 

今の感覚で言えば宝くじで3億円があったくらいの

脳汁ブシャーーー!てなったんだと思う。。。。

 

 

その時、こんなうまいもんくれる

お母さん最高だぜー大好きだぜー!

 

と思っていた一方で、

 

こんなうまいもんがあるなんて、、、、

早く教えてくれよマーマ(´;ω;`)とかも思った。

 

 

まぁーそんなわけで、

現金な感じで言うと、お母さんサイコー\(^o^)/

 

 

 

でも、、、ね、、、、、

 

それからしばらくして、わたしはショックを受けます。

そしてお母さんを恨む事が置きました。

 

 

 

それは、当時仲の良かった、

お金持ちのまっちゃん家に遊びに行ってのこと。

 

 

「コーラと、麦茶と、カルピスどれがいー?」

て聞かれたので、

 

もちろん「カルピス」一択!

ここでそれ以外を選ぶなんて、カルピスファンとして、

そしてマーマの愛を裏切る事になりかねん!

 

江戸時代で言えば、島送りくらいの極刑は免れないだろう。

 

 

いつもどおりのカルピス。

見た目は普通だ。

 

 

が、浅かった。

見た目で人を判断するなとお言えられていたのだが、、、

 

当時の世間知らずの頭がお花畑で、

か弱きチンチクリンのわたしには、

 

おっぱいが大きい人は、

→みんな優しい人とか幻想を抱いていたくらい夢を見ていた。

 

 

 

 

 

 

「なんじゃこりゃ(✽ ゚д゚ ✽)」

 

衝撃を受けた。

 

彼女が仕事だと言って浮気しに言ってたくらいの衝撃。

(マジぶっころー!なくらい泣くし落ち込んだわ!)

 

 

 

違う。

 

俺の知っているもの『明らか』に違う!!!!

 

お母さんがくれたカルピスと、

まっちゃんのきれいなママに出されたカルピスは違った。

 

 

嘘だ!

それを飲んだ時に、わたしは、

この世の真実を知ったんです。。。

 

 

 

なんだこれは!

俺はこれを知らないぞ?!

 

 

 

 

イヤ知ってる。

 

でも、似てるけど・・・味が違う。

いや、違うよというより!

 

 

 

鬼のように『濃い!!』

そう『激濃なんだ!!』

 

 

 

俺が今まで飲んでいたものは何だったんだ!?!!?

 

小学生の頃好きだったゆみちゃんのパンツの中がどうなっているのか、

想像できなかった位わたしの頭は混乱しました。

 

 

そして世の中の真実を知ってしまった私は

あー俺はお金持ちじゃないし
俺のお母さんは今まで俺のことを騙していたんだ…

そう考えて落ち込みました。

 

いや、むしろ恨んだ。

 

騙された!

これが最高のものだと思わさせられていた。

「おまえなんか、これで十分だろ?」

 

そんな怖い黒い人に思えた(ウソです)

 

 

 

といってもね?

お母さんは
デブでブクブク太っていた私のことを、

気遣ってくれていたんだと思うwww

 

普通に考えて、

デブにカルピス原液は俺でもあげないと思うw

 

 

ていうか、食とか色々詳しくなった今ならわかるけど、

カルピス原液で出すまっちゃん家の美人ママのほうが、

たぶん頭がヤバイかな?

 

デブだからスキだろ?優しさかもだけど、、、

原液だしちゃダメよまっちゃんマーマ。

 

 

 

 

さて、前置きが長くなったけど

実は、世の中の人ってこれと同じような感じなんですね?

 

 

真実を教えらないので、

一生知ることがないまま、

一生知らないまま死んでいく。

 

 

言い方きついけどまじでこれです(==)

 

 

 

本当に全ての人が、

毎日が濃ゆくて濃ゆくて喉に引っかかって息が詰まる位

ワクワクして一生懸命過ごすことができるのに

 

暇な時間が1秒たりともなくなるぐらい

自分のやりたいことに熱中出来るのに

 

 

目の前の快楽やお金を稼ぐだけの仕事に行ったり

心から一緒にいたいと思える友達といれなかったり

とりあえず選べる(選ばされている)選択肢の中から

なんとなーく良さそうなものをチョイスしているだけで、

 

自分が一生かけてやりたいことなどを一生知れない状態、

 

自分の中に存在しない状況だからこそ

▶探してもない▶つまんない生き方しか出来ない。

 

っていう話なんですよね?

 

そりゃー生きがいもなくて生きてりゃ、

毎日何のために生きてんだろー?ってなるから、

満たされないに決まってるでしょって^^

 

 

考えたらわかるだろ?ってそれさえも、

気付けてないんですよね、、、。

 

 

 

まさしくその生き方は、100倍に埋められた、

カルピスを毎日飲んでいるようなもの。

 

水よりはなんとなーく甘いし、

知らなかったらこんなもんだろなーってもうけど、

 

本来なら、まっちゃん家のカルピスみたいに、

毎日が『激濃カルピス』みたいに飲んだ瞬間、

 

「こゆっ!!やべえ!うめぇぇえ!!!!」

 

ってなるし、事実ひらわんがそうだったし。

あなたもそうなるよ。

 

だからこそ、オヤジを癌でなくして、色々気づいて、

 

今ではいろんな生き方とか知って、学んで、行動して、

脳汁出まくりでバキバキに仕事も遊びもやってるわけね。

 

 

『濃い生き方』を知ると全てに応用が効く!

 

これは、情報発信者だからってオーバーに言ってるわけじゃなく、

一緒に仕事したことがある人はみんな言うけど、

 

 

「まじで働きすぎでしょう!キモいし怖い^^;

でも、まじで楽しそうーいいっすよねー!!」

 

て気持ち悪いだのも解ってるけどなwww

やりたいこと多すぎて消化に追いついてないもんwww

 

 

んで、

みんな誰しもが、毎日激脳カルピスを当たり前に飲めるし、

それが当たり前である人生を、作ることもできるというわけです。

 

 

ただ、今までのそんな事知らなかったから、

考えることも出来ないけだし、

周りにそんな人がいないから知れなかっただけ。

 

 

環境がなかったら、知れないのが人。

だから一緒にいる人や、今ある常識をぶっ壊すのもの必要。

 

わたしの場合は、頭がスカスカだったし、

自分の周りに答えがないってことだけは気づけたんですね?

 

 

だkら、自らつかみ取りにいったけど、

もちろんそのへんにいる人に話を聞いたんじゃないし、

 

たかーいお金ですごい人の時間を買わせてもらっって、

お話を聞いて教えてもらったから『知れた』わけです。

 

この1歩は人生で1番良かったと思うm(_ _)m

まじで当時の自分を褒めたいもんw

 

 

 

普通の人みたいに、確かに今のまま『激薄カルピス』を飲み続けていれば

「これが普通なんだ」と思えるし、周りも同じような状況なら別に不満も出ないんだけど、、、、

 

もし、周りの仲良しだった人がいきなり、

やる気スイッチ入って楽しそうに変わったら、、、

 

もし今から、10年後、20年後、30年後に

そんな濃ゆいカルピスを飲む機会があったら、、、、、

 

 

 

 

 

 

なんてこった!こんなことがあったのか!

今まで知らなかった俺はマジで損しまくっていた!

なんで早く知らなかったんだ(´;ω;`)

わたしのバカっバカバカ!!!

 

 

 

当たり前にこうなります。

毎日楽しく生きる道があったのに、、、、

 

別に死ぬほどヤリたいと思いもしない、

とりあえず暇だしやることないからと、

 

そこまで生きたくもない、飲み会とかカラオケとか、

携帯ゲームとかSNSダラダラみてたり、、、、

 

 

 

 

 

『マジもったいなかった(T_T)』

 

 

教えた人はみんなそう言います。

 

だから、自然に気づいた人も、

 

それを後悔することもあるわけなんですよね?

 

 

むしろ、一生『激薄カルピス』しか知らないまま、

死んでいく人達のほうが多いんですけどね^^

 

 

 

だからこそ私は『今』あなたが

満たされないとかヒマだなーとか面白くないなぁ ー
もっと毎日を楽しく行きたいなー

 

と思っているんだったら、

何でもいいので

 

 

『考えること』

 

『すぐ学ぶ姿勢を持つ』

 

『自ら自分の人生を楽しくしていこう』

 

と思うこと。

ことを考える時間が必要だと思います!

 

 

強制するわけじゃないし
自分が進みたければ進めばいいと思うけど、、、、

面倒くさいとか、しょーがないとか言って、

諦めるのはもったいないなーって思うんのよ^0^

 

 

毎日、激濃カルピスを飲む方が
心も体もメンタルも満たされるし、

どうせ同じカルピス飲むなら、

「うめぇー!!!」てなる方を飲みたいじゃない?

 

 

そしてナイスカルピス人生を生きようと、

頑張ってそこに向かっているあなたは、

周りから見ても素敵だなぁと思われると思います\(^o^)/

 

つまり「モテる」んだよ❤

 

 

自分が頑張って楽しくやっているのに、
勝手にモテたり応援されるようになったら、

多分今よりは楽しいと思いません?

 

 

まぁ私は今そういう風に生きているからこそ、

実際いろんな場面でモテるし、

 

リアルにモテすぎて人に会いたくなくなったから、

引きこもって仕事してるわけですwww

 

 

なので、

激薄カルピス人生を歩みつつ~

 

抜け出した先輩として言わせてもらなら、

何でも学べよ!と言っておきます^^

 

 

モテないのいやじゃん?

一生そのままていやじゃん?

方法しらないだけで10年後気づくのイヤじゃん?

 

 

そこで何をしていいかわからない、、、と言う人たちも多いからこそ

 

ここで私が学んできた、

健康や思考や生き方と言うものをたくさん見て、

自分がやりたいなと思ったことをやってもらえればいいかなぁと思ってます。

 

最近は「インスタグラム」を動かしてるので、

そっちを見てもらえたらなんとなく理解出来ると思うのでどうぞ

 

▶ヒラワンのインスタグラム(画像空飛べるよ)

 

 

毎日原液1:お水9割のおいしくないカルピス

毎日原液10:お水0の絶対病気なるけどうますぎるカルピス

 

どっちを毎日飲むかは全ては自分次第なので、

自分でどっちを飲むかドリンクバーで調整すればいいよ^^

 

 

 

もし、何か感じたなら、

 

私にこういう風なことをしたいと思いました!!

こんなことをやりました!!

 

みたいなメッセージも送ってもらうと嬉しいし、

タイミングが良ければ返信できると思いますので。

 

 

学ぶのはツライとかきついことじゃないよ?

 

いくらでも使い捨てされる意味わからない仕事とか、

楽しみがない毎日を生きる方がツライし、

 

最初は脳みそサボらせまくってたから「うぅ、、、、」ってなるけど、

その先に明確な「イヤッッホォォォオオォオウ\(^o^)/」が見えてたら、

頑張れちゃうからね❤

 

欲しい物があって、頑張って貯金してる時に、

「あと4万円溜まったら、、、、むふふふふふ( ̄ー ̄)ニヤリ」

 

って時ってめっちゃやる気もワクワク感も、

目標に向かって頑張れるじゃない?

 

まじであの感覚と一緒なんだぜ^0^

 

ちゃんと人生高望みしなさーい

 

 

毎日激濃カルピスのみまくって、

心とメンタル満たしまくって

 

爆濃な時間を過ごしていけるための

思考と行動しましょう\(^o^)/

 

全ては積み重ね。

 

 

ではでは~

わたしは、激脳飲みすぎてリバースする1日をすごします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です